びっくり小籠包のゆるゆる日記

いろんな国に行きたいけど有給とお金が追い付かないOL。旅人になりたい旅行者。中国語勉強中。

【ロシア旅行】ウラジオストク弾丸ツアー①準備&入国編【注意点・反省点】

こんにちは、みどりです。

3/19〜3/21でロシア ウラジオストクへ1人弾丸旅行してきました!

f:id:Meishu0202:20180330183906j:image

ロシアの沿海州などの一部地域は入国ビザが緩和されたこともあり、割と簡単に行けました。

ロシア大使館へ行かずとも私の大好きなフィギュアスケートのスター達の生まれ育った地を踏むことができると思うと大興奮でした(ロシアというだけでウラジオストクと所縁があるわけではないけどそれでも嬉しい。。)

私が行った時点での情報ですが、誰かの役に立てば嬉しいです。

 

①ビザを取ろう

電子申請なので大使館へ行く必要はなく、自宅のパソコンやスマホから申請可です!もちろん無料です。

この電子ビザで行ける地域は限られていて、ウラジオストクから入国してハバロフスクやモスクワまで行っちゃおう」とかはできません。その場合は大使館での申請が必要です。

ウラジオ.comというウラジオストク情報サイトの説明がとてもわかりやすかったです。
ウラジオ簡易ビザの申請から入国まで!! | ウラジオストク

一応自分の体験談も載せますね。

ウラジオストク自由港を訪問するための電子ビザ取得 - ロシア連邦外務省領事局

上のURLが申請のトップページです。日本語に対応しているのでそこまで難しくないです。

入国予定日の4~20日間前までに申請する必要があるので、ご注意ください。

私みたいに5日後の航空券とった後に急いで申請する様な人はあまりいないかもしれませんがww

また、私は困らなかったのですが、顔写真をアップロードする際にスマホからできなかった方がいるみたいです。写真がJPEGであることや、ブラウザのバージョンの条件があるので、その点最初に確認すると良いと思います。私は自分のiPhoneSEから写真のアップロード含めすべてできました。

他の入力事項は旅行の目的とか個人情報とかなので改めて用意するものは特にないです。

また、申請から4日以内にビザを発行するということになっていますが、ネットサーフィンしてみると実際は申請後数時間で発行される人が多そうです。

ただ、私は丸2日かかったので理由は不明ですが、ばらつきがあるみたいです。

私は焦ってロシア大使館などいろんなところに電話してしまいましたが、ビザについてはロシア連邦外務省の所管なのでもちろん全部御門違いです。ロシア連邦外務省にビザの問い合わせをする場合はこちらのメールアドレスへどうぞ。電話の対応はしてないそうです。

 evisa_info@dks.ru

発行完了すると電子ビザ取得の「ステータスの確認」ページからPDFをダウンロードできます。また、登録したメールアドレスにも通知が来ます。

f:id:Meishu0202:20180330171305j:image

ビザは成田・ウラジオストクのチェックインと入出国時に必要です。

また、ウラジオストクで入国手続きをすると小さな白い紙を渡されますが、これは出国時に必要らしいので無くさないように。

 

②航空券を取ろう

いつも通りスカイスキャナーで検索して一番安い代理店から買いましたが、今回初めてヒヤッとすることがあったので反省として書いておきます。

今回はTravelgenioというスペインのサイトから予約したのですが、イマイチでした。。

入力画面は日本語もありスムーズに進んだのですが、最後にクレジットカード番号を入力して決済確定ボタンを押しても全然更新されずタイムアウトになってしまいました…

翌日の朝にこれから支払いお願いします的なメールが届き、そのメールの通りにするも返答はなし。

これまで他のサイトで購入した時には決済確定ボタンを押したらすぐに確定しましたというメールが届いていたのでかなり不安でした。

日本語の問い合わせ窓口があるということで電話してみるものの15分ほど待たされ、英語での受け答えでした。

最終的には無事予約することができましたが、予約完了するまでかなりかかったのですぐに乗りたい人はまず使わないほうが良いかも。

調べてみるとあまり評判は良くないので、もう使わないかな…

要は海外のよくわからないサイト使って自滅したって話なんですけど、ぱっと見安いと飛びついちゃうことってよくあると思うので今後は気をつけます(⌒-⌒; )

 

<行き>

オーロラ航空 3/19 HZ3639

成田発10:15→ウラジオストク着14:10

<帰り>

オーロラ航空 3/21 HZ3638

ウラジオストク発07:55→成田着09:25

直前ということもあり往復で49,000円程度でした。

 

③ホテルを取ろう

どの予約サイトが良いのか未だによくわからず今回はHotels.comからオプティマというホステルを予約しました。

オプティマム:オプティマム - ウラジオストク ホテル, ウラジオストク ホテルの予約 | ホテルズドットコム

自分だけの個室が良かったのでダブルベットの部屋を選び、2泊で5,619円でした。

f:id:Meishu0202:20180330185338j:image

ケトルや食器もあるので買ってきたものを食べることもできます!

f:id:Meishu0202:20180330185354j:image

シャワーやトイレは共用で、それが気にならない人ならいい所だったと思います。

ロシアでは英語が通じない人も結構いると聞いていましたが、こちらのスタッフさんとは英語で話せました。チェックアウト後空港へ向かうタクシーを予約して欲しいとか色々相談・お願いしたのですがスムーズに対応していただけました。

ウラジオストク駅や街の中心へのアクセスも良かったです。

ちょっと入り口がわかりにくいですが、建物正面から見て左側面のドアから入ると受付と共用スペースがあります。

この建物です。

f:id:Meishu0202:20180330185248j:image

建物に入る鍵・中間の扉の鍵・部屋の鍵と3つも鍵があって万全な感じを出してますが、肝心の部屋のドアノブがグラグラでした笑

f:id:Meishu0202:20180330185313j:image 

 

④両替しよう

成田空港のレートはイマイチなので、現地での両替が良いと思います。私は今回初めてクレジットカードを国際キャッシングできる様に変更したばかりで不安だったので、一応空港から街へ行くタクシー代程度を両替しておきました。ウラジオストクの空港に着くと国際キャッシング対応のATMが何台かあります。私のクレジットカードはなぜか使えなかったので、諦めて街に着いてから銀行で変えることにしました…

私はプリモーリエ銀行で両替しました。

f:id:Meishu0202:20180330185438j:image

アルセーニエフ記念沿海州総合博物館の道路挟んで向かい側にあって、ホテルからのアクセスが良かったです。レートも日本で変えるより良かったです。

 

⑤タクシー配車アプリを入れておこう

Yandex.Taxiというタクシー配車アプリがあります。日本の携帯電話番号でも登録できるので入れとくと良いと思います。

アプリを開くと自分の現在地と最寄りのタクシーがあと何分で来られるかが表示されます。そして行き先を指定してタクシーを呼ぶと来てくれます。行き先もアプリで指定できるのでロシア語でコミュニケーションをとらずにタクシーに乗れます!重要!

画面に指定したタクシーの車種やナンバーが表示されるので、タクシーが来たことを確認できます。

f:id:Meishu0202:20180330185756p:image

一度うっかり確認せずに来たタクシーに乗ってしまったら流しの変なタクシーだったようで、目的地に着けない上にシベリア鉄道に乗り遅れたので確認必須です←

アプリで来てくれたタクシー運転手さんはちゃんとしてました。アプリに料金が表示されるので安心して会計できます。

 

シベリア鉄道に乗ってみよう

ウラジオストクシベリア鉄道の終端です。

f:id:Meishu0202:20180330185509j:image

ここからモスクワ・ウランバートル・北京などへ鉄道が繋がっていると思うとロマンがありますよね〜。でも今回の電子ビザではもちろん行けないので、近郊のウスリースクという町まで行ってみることにしました。ウスリースクは北京や平壌方面とモスクワ方面の分岐点になる駅です。

ウラジオストクからウスリースクへ日帰りで行く場合は近郊列車に乗ることになります。寝台ではなく、車体もいわゆる長距離のシベリア鉄道とは異なりますが、それでも雰囲気を味わいたくて乗ることにしました。

長距離列車はチケットのオンライン購入ができるようですが、近郊列車だと調べた限り窓口で買うしかなさそうです。なので事前準備できることはどの列車に乗るか計画立てることくらいですかね。

ウラジオストク・ウスリースクの往復についてもウラジオ.comが非常にわかりやすいです。というかこのサイトのおかげで全般的に助かりました!!

シベリア鉄道路線の近郊電車でウスリースクへ!! | ウラジオストク

私は上で書いたとおり、予定していた列車に乗れず色々あったのですが、結局別時間の列車乗ることができたので、また詳しく書きますね。

f:id:Meishu0202:20180330185531j:image

 

Wi-Fiや日本との連絡手段を確保しよう(2018.4.1追記)

大事なことを書き忘れてました。ロシアではネット規制があるらしくLINEを使うことができません。

中国でもLINEが使えないのでWeChatを使うようにしてますが、ロシアではWeChatも使えないんです。。LINEが使えないことが有名(?)な中国だとレンタルWi-FiVPNプランがありますが、ロシアだとそれもないようです。

VPNネコというアプリをインストールして日本への接続を選択することでLINEを使うことができました。また、VPNの設定をしていなくてもGmailアドレスからメールを送ることはできました。

Wi-Fiをレンタルしたから全てOK!というわけではないのでお気をつけくださいね〜。

私は今回はフォートラベルのWi-Fiにしました。オプションで全天球カメラTHETAが借りれるということで試そうと思ったからです。問題なく使えましたし、THETAでの撮影も楽しかったです。

f:id:Meishu0202:20180401214900j:image

 

ではでは再见〜!