びっくり小籠包のゆるゆる日記

社会人になってからもゆるく続けている中国語とその他もろもろの日記です。

【池袋】知音食堂に行きました【ニューチャイナタウン】

こんにちは、みどりです。

今回は珍しく友人と池袋で中華料理を満喫しました!

1人で食べるのも気楽でいいですけど、中華料理はみんなで囲んで食べた方がいろんな食べ物頼めるし、話も弾むし楽しいです(今更)

やっぱり一人だと大皿の料理をいくつも頼むことってできないのでσ(^_^;)

 

池袋の北口は日本なのか中国なのか一瞬わからなくなるくらい中国系のお店や看板が溢れてますよねー

そんなニューチャイナタウンで本格中華をお腹いっぱい食べたい!ということで池袋北口から徒歩1分の知音食堂へ行きました。

食べログ:https://s.tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13009855/?lid=header_restaurant_detail_review_list

北口を出ると陽光城という中国食材屋さんが目に入るので、その脇の道を少し行ったところにあります。

f:id:Meishu0202:20170615192938j:image

店構えからも中国が伝わって来ます〜

中は石造りで、雰囲気良いです。

水曜の夜に行ったのですが、お店は満員でした!予約しておいて正解でしたσ(^_^;)

f:id:Meishu0202:20170615194112j:image

手前が铜盘鸡(鳥とメンマの煮込み)で

右奥が口水鸡(よだれ鷄)です。

メンマってメンマそのものが完成系でそのまま食べるイメージだったんですけど、調理されて出て来て新鮮でした。

唐辛子!にんにく!山椒!もうこれ絶対うまいやつーと思って食べてやっぱり美味しかったです。

唐辛子を避けて食べれば辛い物が無理でも多少はいけると思いますよ!

鳥とメンマ以外にキクラゲも結構入っててキクラゲ好きの私は大喜びでした。

よだれ鷄も当然美味しかったです。

辛いけど、刺激だけじゃなくて味が美味しかったです(力説)

f:id:Meishu0202:20170615195206j:image

金钩菜心(干し海老と青梗菜の炒め)も頼みました。干し海老の香ばしい風味もありつつ優しい味付けで、辛いもののお供に最適でした。

f:id:Meishu0202:20170615195826j:image

スープは番茄鸡蛋汤(トマトと卵のスープ)にしました。

炒め物の番茄炒蛋が好きなので、頼んでみたら案の定美味しかったです。

辛いものと優しい味のもののバランスを丁度よく頼めました。

 

毛血旺(鴨の血を固めて豆腐状にしたものや豚のモツ、野菜などを煮込んだ料理)も食べたかったのですが、夏は鴨血でなく豆腐になるとのことで次回以降の楽しみにします。

 

女性3人で行って、これで満腹でした(*´꒳`*)

1人2000円程度で満喫できて本当に良かったです〜 

 

店内が満員で注文が飛び交う中、店員さんは多くないので、しばらく来なかったら粘り強く何度も注文しましょう笑

 

品揃えがものすごく多く、頼みたいものがもっと沢山あったのでまた行きたいです。

 

ではでは再见~

 

 

【横浜中華街】泰和商事の生レモンジュース(阿里山爱玉冰)

こんにちは、みどりです。

またまた横浜中華街へ遊びに行きました。

f:id:Meishu0202:20170612203600j:image

良い天気です。でもちょっと暑いσ(^_^;)

f:id:Meishu0202:20170612203631j:image

関帝廟通りの泰和商事に行きました。中国や台湾のお茶を販売しています。

泰和商事:http://www.kanteibyo.com/prog/shop.html?id=17

f:id:Meishu0202:20170612210044j:image

お茶の試飲をさせてもらいました。店員さんはフレンドリーな感じでした。

ただ、中国茶は家にまだ残ってたのでレモンジュースを買いました。

f:id:Meishu0202:20170612210723j:image

阿里山爱玉冰と書いてありますね。阿里山は台湾で国定公園に指定されている山々です。

爱玉冰とは愛玉子という植物の実から作ったゼリーで、ゼリーそのものにはほとんど味がなく、レモンシロップなどをかけて食べるものです。そのゼリーが入ったレモンジュースということですね。

見本として陳列されているものとは別に冷蔵庫から冷たいものを出してくれます。200円です。

甘酸っぱくさっぱりとしていて暑い日に中華街を散策するにはピッタリだと思います。

中華街は食べ歩きできるものがたくさんありますが、値段的にも手ごろで中華料理のこってり感を洗い流してくれるのでオススメです。

 

ではでは再见〜 

【川崎】延香園で麻辣烫をいただきました。

こんにちは、みどりです。 

川崎で東北料理のお店に行きました。

食べログhttps://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140501/14051882/

f:id:Meishu0202:20170601232053j:image

5階の延香園です。2階の台湾料理も気になりますが…

f:id:Meishu0202:20170601232144j:image

自分で飲み物食べ物を持ち込んじゃダメですよ。とのこと。

言われなくてもわかる気もしますが、そういうお客さんがいるんですねきっと。

お店に入ると「几位?(何名様ですか)」と初っ端から中国語でした。

中国人のお客さんで賑わってました。

f:id:Meishu0202:20170601232302j:image

延辺、東北、四川料理のお店です。

前に行った新大久保の千里香と同じ感じですね。

★千里香の記事:http://nihaomeishu.hatenablog.jp/entry/2017/05/04/【新大久保】千里香で生まれて初めて犬肉をいた

 

東北系のお店って実は沢山ありますよね(*´∇`*)

f:id:Meishu0202:20170601232853j:image

おなじみ羊肉串。あとかいこ。

f:id:Meishu0202:20170601232842j:image

私は辛い料理苦手だし、そんなに沢山食べられる訳でもないのに、なぜか麻辣烫を頼んでしまいました。

f:id:Meishu0202:20170601233734j:image

これの小さい方です。

f:id:Meishu0202:20170601234910j:image

どーん!全然小さくない!泣

まぁ一人前というとこれくらいが妥当だと思いますけどσ(^_^;)

 

具はキクラゲ、干し豆腐、ハチノス、春雨、もやし、青梗菜などなど。

痺れる辛さのスープの中で、たくさんの具が煮込まれてます。まさに混沌!

稚拙な表現ですが、辛いけどちゃんと味があって美味しい!そしてすごい汗!

 

東北料理って辛いものばっかりと思ってましたが、調べてみると辛くない東北料理も結構あるみたいです。

が、大皿で来そうなおかずなので複数で行きたいところですσ(^_^;)

 

最後お会計をして、店員さんが「慢走〜(お気を付けて〜)」と言ってくれました。

客がお店を出るときの挨拶で「谢光临请慢走(ご来店ありがとうございました。お気を付けて)」とか「欢迎再次光临(またのお越しをお待ちしております)」とか言うんですが、上海のレストランでインターンしていた頃を思い出しました。

「慢走」は直訳だと「ゆっくり行く」なのですが、「慌てないで気をつけて帰ってね」というような意味合いになります。

また上海も行きたいなあ〜

 

ではでは再见〜 

 

 

梅酒、キウイ酒を漬け込みました

こんにちは、みどりです。

有難いことに大量に梅をいただいたので、梅酒を作りました。

ついでにキウイ酒も漬け込みました。

 

①まず梅を洗って水気を取ります

f:id:Meishu0202:20170526003546j:image

②つまようじでヘタを取ります

↓ヘタ取る前

f:id:Meishu0202:20170526003638j:image

↓ヘタ取った後

f:id:Meishu0202:20170526003722j:image

③梅と氷砂糖を入れます

本来は瓶を熱湯や焼酎で消毒しておくのですが、今回は瓶とホワイトリカーがセットになっていて後は漬け込むだけという便利なものを購入したので、省略です。

f:id:Meishu0202:20170526003917j:image

こちらの瓶を使いました。

f:id:Meishu0202:20170526004329j:image

宝酒造のHP:http://www.takarashuzo.co.jp/products/shochu/homemade/index.htm

④蓋をして冷暗所で保管

糖分が満遍なく行き渡るようにたまに瓶を揺らします。

f:id:Meishu0202:20170526004402j:image

瓶に書いてあった説明書によると1ヶ月程度で飲めるようになり、3ヶ月程度でよりまろやかな梅酒になるそうです。

キウイ酒の方は翌日から飲めるので、そちらも楽しみです。

 

またその頃ご報告します〜

完成が楽しみ(*´∇`*)

 

再见~!

【JR鶴見線巡り】⑤−番外 川崎カネダ食品のカップ麺とキムチと冷麺をいただきました【韓国料理】

こんにちは、みどりです。

浜川崎来訪時にカネダ食品で購入した食料を実際にいただきましたので報告です。

①ノンシムのカップ麺(サリコムタン麺)

ノンシムHP:http://jp.nongshim.com/brand/gomtang/main/index

f:id:Meishu0202:20170525235230j:image

ノンシムは韓国の即席麺メーカーで、日本でいう日清、中国でいう康师傅のポジションです。

調理するとこんな感じでした。

f:id:Meishu0202:20170526000626j:image

麺自体は日本のノンフライ麺の方が美味しいかなというのが正直な感想。。。

スープは美味しかったです。100円程度なので、総合的には良かったと思います〜。

②キムチ

店内には複数種類キムチがありましたが、購入したものは辛い中にも甘みがあり食べやすかったです。

f:id:Meishu0202:20170526001508j:image

③生冷麺

初めて生冷麺を購入しました。そば粉の分量によって、黒・白の2種類があります。

店員さんに黒を勧められたので黒を購入しました。

f:id:Meishu0202:20170526001715j:image

付属のタレです。

f:id:Meishu0202:20170526002046j:image

1分ほど茹でて、付属のタレを薄めて盛り付けます。

ゆで卵とアボカドも盛り付けてみました。(本当はきゅうりなんでしょうが、どうしても嫌いで食べられない。。)

f:id:Meishu0202:20170526002157j:image

コシがあってすごく美味しかったです!!

外で冷麺食べると多分700円とかすると思うんですが、自分で作ると安いし手間もあまりかからないので、これはまたやりたいですね!

(店頭での値段は失念してしまいましたが、生冷麺自体は100円台だったと思います。。)

 

ネットでも購入できるので、今後もそうめん感覚で使ってみたいです♪( ´▽`)

再见〜!

 

 

 

 

 

【JR鶴見線巡り】⑤−2 川崎コリアンタウンおおひん地区 桜苑でひとり焼肉しました【韓国料理】

こんにちは、みどりです。

浜川崎からおおひん地区というコリアンタウンへ出かけました。

おおひん地区とはざっくり言うと川崎市南部の桜本町大島町、浜町、池上町、池上新町辺りを指しており、川崎のコリアンタウンと言われています。

コリアンタウンタウンというと東京都新大久保のコリアンタウンが大変有名で、観光地としてかなり賑わいを見せていると思います。川崎もそれと同じくらい盛況だと思って行くと大後悔なので気をつけてくださいね。

 

駅を離れて歩くと味のある街並みです。

f:id:Meishu0202:20170525210635j:image

と思いきや、側には綺麗なマンションが何軒か立ってました。

f:id:Meishu0202:20170525210920j:image

浜町2丁目のラーメン屋さん。のれんの摩り切れ具合が良いです。

ここで浜川崎駅から15分程度です。

f:id:Meishu0202:20170525211135j:image

コリアンタウン入口に着きました!浜川崎駅から25分ほどです。

f:id:Meishu0202:20170525214100j:image

出発が遅かったので、夜になってしまいました。ひっそりしていてお店は多くないです。住んでいる方が利用していて、その地域内で完結している印象でした。私個人的には良い意味で観光地感がなく良かったです…が、浜川崎駅からも川崎駅からもかなり離れているので、そこまで計算して遊びに行きましょう。

何軒か焼肉屋がありました。

f:id:Meishu0202:20170525221959j:image

f:id:Meishu0202:20170525222024j:image

この通りは「セメント通り」という名前でした。

セメント通り付近に浅野セメントがあったことが由来のようです。

f:id:Meishu0202:20170525222158j:image

銭湯発見!乙女湯。素敵な名前ですね〜♪( ´▽`)

f:id:Meishu0202:20170525222824j:image

桜本町で韓国食品屋さんを見つけました。

f:id:Meishu0202:20170525223215j:image

コチュジャンなどの調味料。 

f:id:Meishu0202:20170525223343j:image

キムチの量り売りもありました!

f:id:Meishu0202:20170525223430j:image

ここで、韓国カップ麺、冷麺、キムチを購入しました♪( ´▽`)

他にも韓国食品屋さんはあったのですが、時間が遅すぎて閉まってましたσ(^_^;)

f:id:Meishu0202:20170525223532j:image

この桜苑で食事しました。

f:id:Meishu0202:20170525223757j:image

サムギョプサルセット1,000円。

f:id:Meishu0202:20170525224104j:image

コムタン780円。内臓も煮込まれていて、まったりしたスープでした。あとこれまで食べてきたコムタンと異なって溶き卵が入ってました。具沢山スープですごく美味しかったです!

値段的にも比較的手頃かと。

f:id:Meishu0202:20170525224115j:image

ただ、こちらのお店は飽くまでも焼肉屋で、韓国料理も食べられるというスタンスのようでした。

突き出しなどはなく、ナムル盛り合わせが食べたければ別途注文です。

近辺の地図はこちら:http://kawasakidaishi-kanko.com/kinrin/

 

空腹を満たしてJR川崎駅に向けて歩き出しました。30分ほどかかりましたσ(^_^;)

後日冷麺やカップ麺を食べたので、それも上げます。

再见〜! 

【JR鶴見線巡り】⑤−1 浜川崎周辺を散策しました。

こんにちは、みどりです。

鶴見線巡りにまた行ってきました。今回は浜川崎駅で降りました。

駅とJFEの工場周辺を散策し、おおひん地区(大島、桜本、浜町の3町)と呼ばれているコリアンタウンにも行きました。そこでひとり寂しくサムギョプサルしてきた話です。

浜川崎は鶴見線と南部支線の駅です。

f:id:Meishu0202:20170524214130j:image

同じ浜川崎駅ですが、鶴見線と南部支線で駅舎は二つに分かれています。

鶴見線と南部支線で元々運行していた会社が異なるためだそうです。(鶴見臨港鉄道と南部鉄道)

鶴見線で浜川崎へ行くと、南部支線への乗り換え用出口とJFE工場入口に分かれています。

JFE側は当然ですが関係者以外は入れません!御注意を。

f:id:Meishu0202:20170524215055j:image

f:id:Meishu0202:20170524215101j:image

なので、南部支線乗り換え側の出口から出ます。

f:id:Meishu0202:20170524215247j:image

鶴見線から南部支線に乗り換える場合は駅舎が異なっても、同じ駅の中の移動なので、

SuicaPasmoをタッチしてはいけないそうです。ちょっとややこしいです〜。

f:id:Meishu0202:20170524215516j:image

南部支線側の駅舎です。

f:id:Meishu0202:20170524215837j:image

最近線路を撮るのが楽しくなってきました。

f:id:Meishu0202:20170525161723j:image

浜川崎は南部支線、鶴見線東海道線(貨物)の3路線があるので線路がいっぱいありますね。

f:id:Meishu0202:20170525161829j:image

東海道線(貨物)の浜川崎駅です。

f:id:Meishu0202:20170525161947j:image

関係者以外は入れません。浜川崎駅JFEの工場やJR貨物の駅など、一般個人向けに開かれてない敷地がほとんどなのでせっかく降り立ってみたもののウェルカム感のなさが異常でした。

その一方で近くに商業施設があるわけでもなく、ひっそりとした雰囲気が良かったです。

f:id:Meishu0202:20170525162052j:image

JFE(旧 日本鋼管)の工場が見えます。もちろん入れないので外から撮影。

f:id:Meishu0202:20170525162416j:image

工場の景色。こういう低いトンネルが沢山ありました。

いろんなところから線路を横切れるようにしているようです。

f:id:Meishu0202:20170525162542j:image

ノスタルジックな床屋さん。

f:id:Meishu0202:20170525162949j:image

THINKって一体なんでしょうか??この先もJFEの敷地になるため入れませんでした。

f:id:Meishu0202:20170525162906j:image

しばらく歩いてTHINKの正体が分かりました。テクノハブイノベーション川崎の略なんですね。

JFEグループが所有する研究施設でした。

THINK HP:http://www.jfe-life.co.jp/think/

f:id:Meishu0202:20170525163037j:image

川崎ハードって何をやっている会社なのかしら。ハードなのはすごく伝わってきます。

f:id:Meishu0202:20170525163555j:image

ふれあいでなければ緑地でもない。。強いて言えば自転車が触れ合ってる。

f:id:Meishu0202:20170525163834j:image

この建物何するところなんだろう、怖い(小並感)

f:id:Meishu0202:20170525163937j:image

鋼管通りはトラックが沢山走っていました。工業地帯ですね〜。

f:id:Meishu0202:20170525164046j:image

錆びていることにより緊迫感がすごい。はい、注意します。

f:id:Meishu0202:20170525165539j:image

↓はい、気をつけます。

f:id:Meishu0202:20170525165636j:image

浜川崎駅に戻ってきました。こういう手書きの地図って誰が作ってるんでしょうか。

私が幼い頃には結構見かけましたが、いまではめっきり減ったしまった印象です。

最新かどうかもわからないし誰もがスマホで地図を見られるご時世なので、減ってしまうのは致し方ないことかもしれませんが、改めて見てみると温かみがありますね。

f:id:Meishu0202:20170525164309j:image

この「本ヅ」って何なのかわからなかったのですが、現在地の意味のようですね。

f:id:Meishu0202:20170525183628j:image

このあと、川崎コリアンタウンおおひん地区でひとり焼肉しました♪( ´▽`)