びっくり小籠包のゆるゆる日記

いろんな国に行きたいけど有給とお金が追い付かないOL。旅人になりたい旅行者。中国語勉強中。

【マレーシア・シンガポール旅行】⑤ブキッビンタン散策とパビリオンでバクテー【宝香肉骨茶】

こんにちは、みどりです。

夕方からはブキッビンタンを散策して、パビリオンというショッピングモールで夕食をいただきました。

①ブキッビンタン街歩き

ブキッビンタンまではKL Sentralからモノレールで行くことができます。車内はぎゅうぎゅう詰めでした。

f:id:Meishu0202:20180902163113j:image

繁華街でとても人通りも多いです。これまではいわゆる観光地を巡っていたので、初めてマレーシアで街歩きできてとても楽しかったです。

f:id:Meishu0202:20180902163247j:image

そこでなんと衝撃の事実が!

f:id:Meishu0202:20180902163207j:image

minigood…?なんだこのお店minisoのパクリじゃないか!(笑)

そもそもminisoがなんだって話なんですけど、miniso(名創優品・メイソウ)とはUNIQLOダイソー無印良品のいろんな要素をパクリにパクった中国を中心に店舗展開している雑貨チェーン店です。中国をはじめ、なんと日本にも出店しています。

iPhoneのケーブルが安いので私もお世話になっています。。

そんな本家miniso(?)がついにパクられる側になるとは!!

minigoodはハングル表記が多く、ホームページにもKorean brandと書いてあるので韓国の会社なのかな?とにかくminisoに内装・商品ともにそっくりです!ちょっと化粧品系が多かったかな。

f:id:Meishu0202:20180902163212j:image
f:id:Meishu0202:20180902163209j:image
f:id:Meishu0202:20180902163204j:image

こんなお店もあるのか〜なんて思いながらminigoodを通り過ぎると、なんとすぐそばに本家miniso側が!!

f:id:Meishu0202:20180902163441j:image

あからさまにバトルになっていて面白かったです。

minigood:minigood-index

miniso:メイソウ名創優品

なんだかクアラルンプールの街歩きから逸れてしまいましたが、町中にはさまざまな言語が混在していて、日本では見られない光景ですよね〜。これだけでも新鮮で楽しいです。

f:id:Meishu0202:20180902163701j:image
f:id:Meishu0202:20180902163704j:image

しばらく歩いていると屋台の集まりを見つけました!

f:id:Meishu0202:20180902163747j:image
f:id:Meishu0202:20180902163750j:image

フルーツ・バクテー・麻辣烫・鴨脖・焼売・フライドチキン・アイスクリームなどなど幅広い料理が並んでいてとても賑わっていました。

屋台って活気があって楽しいですよね☺️

f:id:Meishu0202:20180902163955j:image

アジアのさまざまな国と地域の食べ物が集まっていて、不思議な場所でした!

f:id:Meishu0202:20180902163952j:image

ここではチキンと焼売をいただきました。

f:id:Meishu0202:20180902163832j:image
f:id:Meishu0202:20180902163903j:image

焼売はチリソースをつけて食べるというのが面白かったです。

 

②パビリオンと宝香肉骨茶

パビリオン(Pavilion)はブキッビンタンにあるショッピングモールです。

f:id:Meishu0202:20180902165401j:image

街歩きしてきた周りの建物や屋台と比較してとてもきらびやかです!ここの宝香肉骨茶というお店でバクテー(肉骨茶)をいただきました。
f:id:Meishu0202:20180902165356j:image

高級感のある内装です。
f:id:Meishu0202:20180902165358j:image

バクテーはマレーシアに移り住んだ中国人が作り出した料理らしいです(シンガポール発祥という説もあるらしい)。
f:id:Meishu0202:20180902165408j:image

排骨肉骨茶と軟骨肉骨茶を選びました。油条と青梗菜炒めも頼みました。
f:id:Meishu0202:20180902165404j:image

おおー!すごく美味しい!スープの色はすごく濃いのに意外とあっさりした味です。独特の漢方ぽい香りも私は大好きです。お肉を一通り食べ終わってから油条を浸して食べるのも美味しかったです☺️

バクテー屋さんはたくさんあると思うので、次回マレーシアに来ることがあれば他のお店の味も試してみたいです。

 

食事を終えてパビリオンを出る頃には夜の街がキラキラしていました。

屋台の賑わいとは違ったきらびやかな活気がありました。
f:id:Meishu0202:20180902165411j:image

 

ではでは〜再见!

【マレーシア・シンガポール旅行】④バトゥ洞窟とプトラジャヤ観光

こんにちは、みどりです。

マレーシアではまずバトゥ洞窟とプトラジャヤへ行きました〜。

どちらも素晴らしかったですよ!

①バトゥ洞窟

f:id:Meishu0202:20180902171818j:image

バトゥ洞窟はヒンドゥー教の聖地で、KL Sentral駅からKTMコミューターで直通で行けます。

KTMコミューターは窓口で切符(トークン)を買うこともできますが、「自販機で買って〜」と言われたので今回は自販機で買いました。自販機は「COINS ONLY」とか表示されてることもあるので、紙幣しかない場合は窓口に行けばいいってことなのかな。。

 

3番ホームへ降り、電車を待ちます。

マレーシアにも女性専用車両があります。日本とは異なり、一日中女性専用車両になっているようです。
f:id:Meishu0202:20180902172417j:image

電車来ました〜!
f:id:Meishu0202:20180902172420j:image

乗車時間は30分ほどですが、今回の旅行では行き帰りともに電車の出発が遅れたり、途中で止まったりで結構時間がかかりました。

中はクーラーが効きすぎているくらいで、私は羽織るものが必要でした。

あと謎に割れている窓が多いのが不思議でした😯

f:id:Meishu0202:20180902172812j:image

車内からはバナナが生えているのをよく見かけました。

f:id:Meishu0202:20180902172924j:image

線路沿いに生えているってことは野生なのかな?野生のバナナって美味しいのかな(笑)

駅を出てからバトゥ洞窟まではすぐなので、迷わず行けました。

バトゥ洞窟には有料の洞窟ツアーや神像が飾られた洞窟がありますが、今回は割愛しました。

入り口付近には巨大なハヌマーン像(猿の神様)が!すごい迫力です。

f:id:Meishu0202:20180902173506j:image

これまで訪れた国ではヒンドゥー教の寺院に行ったことがなかったため、独特の装飾に見入ってしまいました!

f:id:Meishu0202:20180902173702j:image

ココナッツやフルーツの売店がいろいろ。

f:id:Meishu0202:20180902173756j:image

わーこれがあのムルガン像!本当に大きいなあ!そして本当に階段多いなあ。。(笑)

ムルガン神は軍隊を操る神様だそうな。f:id:Meishu0202:20180902173806j:image

頑張って階段を登ります。階段は一段ごとの幅が狭く、列ごとに登りか下りか区別されていないようで、結構カオスでした。人とぶつかったり踏み外したりしないよう注意して登りました。

お猿さんが沢山います。
f:id:Meishu0202:20180902173802j:image

こんなに登ってきたんだな〜達成感。f:id:Meishu0202:20180902174032j:image

あいにく中は工事中でした。工事のおじいさんに「中を見るならレンガ持って行ってくれ〜」と言われたので運ぶことに。

f:id:Meishu0202:20180902174502j:image

楽しみにしていた鍾乳洞です!自然の美しさと迫力があります!

差し込む光が美しいです。

f:id:Meishu0202:20180902173809j:image
f:id:Meishu0202:20180902173753j:image

「猿に餌をあげないか?」と話しかけてくる人がいますが、お金を要求されるので気をつけてくださいね。

私にいきなり餌を渡してきた人は人はマレー系の男性でしたが「無料か?」と聞くと「6块(6リンギット)」と中国語で言っていたので断りました。

買うかどうかは委ねてくれたので別に悪い人ではなかったのかも😅

鍾乳洞の中にも神々の像が飾られていました。

f:id:Meishu0202:20180902174603j:image

下りも気をつけて階段を降りました。暑い上に階段の昇り降りが続いたので、水分補給をすることに。

f:id:Meishu0202:20180902174705j:image

この飲み物、あっさり目のスポーツ飲料のような味で炭酸が効いていてとても美味しかったです!

 

バトゥ洞窟からKL Sentralへ戻る列車の数はそこまで多くないため、帰りの時刻表をあらかじめ見ておくことが大切です!

 

プトラジャヤ、プトラモスク

バトゥ洞窟観光を終えてお次はプトラジャヤへ。

f:id:Meishu0202:20180902175533j:image

プトラジャヤ首相官邸や各省庁などの政治機能が集まる都市であり、プトラモスク(ピンクモスク)という美しいモスクのある場所でもあります。

各省庁の建物などをじっくり見たいならツアーやクルーズでいくのが良いと思いますが、今回は結構弾丸ツアーだったので私達はプトラモスクと首相官邸だけ見ました。

プトラモスクへのアクセスは、KL Sentral駅からKLIAトランジットという電車で20分ほどかけてプトラジャヤ&サイバージャヤ駅で降り、タクシーで10分ほどのところになります。

首相官邸はモスクのすぐ隣にあります。

 

モスク付近は日差しを遮るものがあまりなく、とにかく暑いです!

日焼け止め、日傘、サングラスなどなどご自身に合った対策をされると良いかと思います。

プトラモスク横にはフードコートがあるのでそこで昼食にしました。

チキンのスープとミーゴレンとご飯です。私個人的に料理の味はイマイチだったかな😅

f:id:Meishu0202:20180902175444j:image

甘い豆乳ドリンク。
f:id:Meishu0202:20180902175450j:image

でもこのココナッツアイスは美味しかったです!ココナッツミルクの味が濃厚でした〜
f:id:Meishu0202:20180902175446j:image

アイス売り場の店員さんはインド系の人でしたが、中国語で値段を教えてくれて驚きました。

マレーシアは様々な民族の人々が様々な言語を使って生きているんだな〜としみじみ思いました。

フードコート付近からの景色はなかなかよかったです!

f:id:Meishu0202:20180902175438j:image
f:id:Meishu0202:20180902175441j:image

次に首相官邸を見に行きました。見に行くと言っても外から見るだけなのですが、大きくて美しい建物です。みんなこの建物の前で記念写真を撮っていました。
f:id:Meishu0202:20180902175435j:image

いよいよプトラモスクを見学します!プトラモスクは曜日によって開放している時間が異なるので事前に調べる必要があります。

私がモスク周辺に到着した時には礼拝中だったのでミナレットから礼拝への呼びかけの声が流れていました。もちろんその間は観光客は入れないのですが、外から聞くことができたのも面白かったです。

観光客への開放時間になると一斉に観光客が流れ込みすごい行列になるので、その時間より少し前から近くで待機しておくことをお勧めします。

モスクへ入る時にはピンクのガウンを貸し出されます。

f:id:Meishu0202:20180902175936j:image

モスク中同じガウンを着た人だらけになります(笑)

このプトラモスクがわたしにとって初モスク見学だったのですが、こんなに美しいとは〜!

天井の模様は繊細でとても美しいです、見とれてしまいます。。
f:id:Meishu0202:20180902175939j:image

壁面も細かい模様が隅々に描かれていて何度も見てしまいます。

f:id:Meishu0202:20180902175930j:image

見学できる箇所はモスクのごく一部なのですが、ついずっといたくなってしまうような空間です。

世界中いろいろなところから訪問者がいるようです。
f:id:Meishu0202:20180902175933j:image

わたしはイスラム教の教養があるわけではないですが、荘厳な雰囲気に圧倒されました…!

もっと予習して他のモスクにも行って見たいと思いました☺️

 

ではでは〜再见! 

 

【マレーシア・シンガポール旅行】③クアラルンプール ホテルAloftとNU Sentral【KL Sentral】

こんにちは、みどりです。

今回はKL Sentral駅とクアラルンプールで宿泊したホテルAloftとショッピングモールNU Sentralについて紹介します!

 

①KL Sentral駅

今回の旅行ではクアラルンプールとシンガポールの行き来を予定していたため、空港へのアクセスが良いKL Sentralを起点に行動しました。

f:id:Meishu0202:20180801225559j:image

プトラジャヤ・バトゥ洞窟・ブキッビンタン・ムルデカスクエアへ乗り換えなしで移動できます。

KLIAの改札を出てパッと見ただけでコンビニが3軒ほどあり、コンビニ同士が隣接ところもありました!

靴ずれした時にはちょっと絆創膏を買ったり、会社へのバラマキお土産を買うのにぴったりでした。

 

クッキー10枚入り(9.9リンギット

f:id:Meishu0202:20180801225628j:image

タコなのにイカ!?
f:id:Meishu0202:20180801225632j:image

他にもスタバなどのカフェもあるため朝早くから軽く朝食を済ませて移動したい人にもぴったりだと思います。

 

また、台湾発祥のティードリンク専門店Chatimeもあります!

f:id:Meishu0202:20180801225637j:image

(前にこのブログでも新大久保のChatimeを紹介しました〜:【タピオカミルクティ】新大久保Chatimeへ行きました。 - びっくり小籠包のゆるゆる日記

私はタピオカミルクティーが大好きなのですが、今回はマンゴードリンクに黒タピオカが入ったものを注文してみました。ミルクティーよりあっさりしていながらマンゴーのまろやかな甘さがあり暑い日にぴったりでした!

 

駅にはコインロッカーもあるので、大きな荷物を置いて身軽に行動できます!

ロッカーの鍵は顔認証です!面白いですよね。

駅構内に複数箇所ロッカーがあるので、警備員さんなどに聞けば位置はすぐにわかると思います。

 

②ホテルAloft

KL Sentral駅から直結のホテルで、私たちが泊まった時は一泊あたり5,000円程度でした(朝食なし)。

f:id:Meishu0202:20180801225927j:image

駅直結でわかりやすいし雨の心配もいらないしでとても便利でした!

私たちは、早朝に荷物だけ置いて15時以降にチェックインしました。

チェックインカウンター・荷物預けともにスタッフさんがにこやかで円滑に済ませられました🤗

部屋からの景色です。写真撮り忘れましたが、部屋の中もシンプルで清潔感がありました。

f:id:Meishu0202:20180801225919j:image

バスタブがありませんでしたが、私は特に困りませんでした。

あと部屋のドライヤーが割とちゃんと勢いがあってそれもポイント高かったです(笑)

あとプールがあります!結構広々としていてそこまで混んでもいなかったのでとても楽しめました〜

f:id:Meishu0202:20180801230223j:image

マレーシアの夏はとても暑かったので気持ちよかったです〜😆

 

③NU Sentral

KL SentralとAloftと直結しているショッピングモールです。

f:id:Meishu0202:20180801231203j:image

NU Sentral サイト:NU Sentral

レストラン・カフェ・洋服・化粧品・ITデジタル関連・映画館・スーパーなどなどなんでもあって便利です。

私はお土産を買うためにスーパーを利用しました。Sam's Groceriaというスーパーです。

f:id:Meishu0202:20180801231515j:image

ここでは家でマレーシアの味を再現したいなと思ってカレー粉を買ってみました(本当に上手に作れるかは別として…)

バクテーの素を買ってみたかったんですが、店員さんに「ムスリムのスーパーだから売ってないよ〜」と言われました。

なるほど、スーパーにも色々あるんだなぁ🤔

また、そのすぐ隣にあるMBG Fruit Shopでカットフルーツを食べました。
f:id:Meishu0202:20180801231507j:image

マレーシアやシンガポールではいたるところでカットフルーツやジュースを売ってますよね!正直言ってしまうと日本のフルーツの方が甘いかな〜って感じもしたんですけど、マレーシアならではの面白い食べ方がありました!
f:id:Meishu0202:20180801231511j:image

フルーツに唐辛子パウダーやAsam Boi Powder/酸梅粉(アッサムパウダー・アサムボイパウダー)をかけて食べるんです。Asam Boi Powderはなんというか甘酸っぱ塩っぱい粉です。干した梅の粉末と砂糖と塩を合わせたものだそうです。

マレーシアのフルーツは甘みが薄め(悪口じゃないです)ですが清涼感があって、別途味付けをして楽しむというのがとても面白いと思いました。

多分日本の果物につけても合わなくて、マレーシアでこそ楽しめるものなのだと思いました。

 

ホテル自体も、周辺の環境もとても良かったです!

 

ではでは〜再见!

 

【マレーシア・シンガポール旅行】②クアラルンプール 国際空港での食事と注意事項【KLIA】【荷物検査2回】【液体物持込】

こんにちは、みどりです。

今回はクアラルンプール国際空港での食事など、注意事項を紹介します!

f:id:Meishu0202:20180801150006j:image

旅程はこちらをご覧ください:【マレーシア・シンガポール旅行】①旅程・鉄道やタクシーの乗り方【Grabアプリ】 - びっくり小籠包のゆるゆる日記

 

注意事項だけ見たいんじゃという方もいらっしゃると思うので、注意事項まとめ↓

KILAでは出国手続き後荷物検査が2回あるので、時間には余裕を持って行動しよう

★2回の荷物検査を終えるとペットボトル飲料の販売がないよ

★免税店でペットボトル飲料を購入して開封せずに液体物専用袋に入れれば荷物検査を通ることができるよ

詳細は以下を見てみてね。

 

①7/13 朝食(羽田からクアラルンプール到着時)

朝5時頃羽田から到着しめちゃくちゃ混雑した入国手続きを終えて空港内で朝食です。

f:id:Meishu0202:20180801150055j:image

カレーラクサとナシレマを食べました、どちらも美味しかったです。
f:id:Meishu0202:20180801150111j:image

なんと出前一丁も提供されていました!
f:id:Meishu0202:20180801150107j:image
クアラルンプール国際空港はマレーシア料理以外にも四川料理や普通のカフェもあって飲食店はとても充実していました。この時は早朝すぎて他のお店はあまり開いていませんでした。

 

免税店の装飾がお隣シンガポールのガーデンズバイザベイにそっくりでした(笑)

f:id:Meishu0202:20180801150659j:image

 

②7/14 朝食(クアラルンプールからシンガポールへ出発時)

この日は朝9時頃に空港に着いたため、多くのお店が開いていました。出国手続き前はとてもお店が充実しています。

特に大きなスーパーが印象的でした。

バクテーの素とかも売ってました!

f:id:Meishu0202:20180801150820j:image
f:id:Meishu0202:20180801150835j:image
f:id:Meishu0202:20180801150828j:image

午前中の便でシンガポールへ向かう予定だったので、空港で朝食にしました。
f:id:Meishu0202:20180801150839j:image
f:id:Meishu0202:20180801150824j:image

この時は出国手続きをして搭乗ゲートの近くで食べたのでお店の選択肢も少なく、出国前のお店の方がやっぱりおいしいかな…😂

マレーシア料理以外にもカフェがあったのでコーヒーを買って飛行機に乗りました。

f:id:Meishu0202:20180801150832j:image

シンガポールまでのフライトは1時間ちょっとなのでコーヒーを持ち込んで乗るとちょうどおしゃべりしながら飲み終わるくらいの時間でした。

<注意事項1/2>

クアラルンプール国際空港は「出国手続き後」と「搭乗ゲート付近」で荷物検査が計2回あります!!ここは要注意です!

検査自体はそこまで厳しくないですが、その分の時間を考慮しておくことが必要になります。

また、2回の荷物検査の間で結構飲み物売ってます。その途中で買って開封してしまうと捨てなきゃいけなくなります😭

私は試していないのですが、以下のANAのサイトによると、

保安検査場での手荷物検査の後、搭乗ゲート入口にて再度手荷物検査があります。

100ミリリットルを超える液体類(ペットボトルの飲料水等)は、機内へお持ち込みいただけませんのでご注意ください。
ただし、出発地空港の免税店等で購入された液体類(封のされた専用の袋に入れられたもの)は機内持ち込みが可能です。

とのことです。(引用元:クアラルンプール国際空港 | 空港・機内で [国際線] | ANA

なので、開封せず専用の袋に入れてもらうことで持ち込むことができるみたいですね。

マレーシア政府観光局のブログにも同様の内容があります。

リンク:マレーシア政府観光局 オフィシャルブログ:KL国際空港で機内用にお水を買う場合は・・・

 

③7/15 19時頃(シンガポールからクアラルンプールに到着時) 

この時は混雑もなくすんなり入国でき、特に空港内でもどこにも立ち寄りませんでした。

 

④7/16 昼食(クアラルンプールから羽田へ帰国時)

国際線出発の3階にフードコートがあり、そこでマレーシア最後の食事をとりました。

f:id:Meishu0202:20180801151103j:image

ヨントーフ(醸豆腐/Yong Tau Foo)という料理でこの旅行では気に入って何度も食べちゃいました🤗

 

搭乗ゲート付近には礼拝所がありました。表示がかわいいですよね。f:id:Meishu0202:20180801151059j:image

 

<注意事項2/2>

日本に帰国するときにも同じように出国時には2回荷物検査がありました。

2回の荷物検査を終えて飲み物を買おうとすると、なんとペットボトルの飲み物がありません…

どういう経緯でそのようになっているかまではわかりませんが、柔らかいプラスチックの容器でなんとも安定性がありませんし、潰れて中味がこぼれてしまいそうです…

f:id:Meishu0202:20180801151106j:image

ペットボトルで飲みたいということであれば免税店で買ったものを開封せず専用袋に入れてもらうか、

空の容器を持ち込んで、購入した水を移し替えるしかないと思います。

 

一部注意事項もありますが、概ね快適スムーズに利用することができました〜。

KLIAはショッピングや食事ができるお店が充実しているので、空港内も楽しみたいということであればより時間に余裕を持って楽しい旅行にしてください〜♪

 

ではでは〜再见!

【マレーシア・シンガポール旅行】①旅程・鉄道やタクシーの乗り方【Grabアプリ】

こんにちは、みどりです。

7/12(木)~7/16(月)3泊5日でマレーシアクアラルンプールとシンガポールへ旅行へ行ってきました!

f:id:Meishu0202:20180722231344j:image

今回は友人の素晴らしい企画についていくだけだったのですが、とても楽しかったのでブログでも紹介しようと思います!

 

①旅程

今回はもともとマレーシアに行こうという計画だったのですが、シンガポールも近いから一緒に行ってみようということになりました。
クアラルンプール⇆シンガポールの飛行機が安かったので、東京→クアラルンプール→シンガポール→クアラルンプール→東京というちょっと不思議な旅程になってます。(時間は現地時間)
 

7/12(木)23:45 羽田発(エアアジア

7/13(金)4:55 クアラルンプール着

 →バトゥ洞窟

 →プトラジャヤ(ピンクモスク)

 →ブキッビンタン

 →パビリオン

 →ホテル アロフト宿泊

7/14(土)11:20 クアラルンプール発(ジェットスター

7/14(土)12:30シンガポール

 →ガーデンズバイザベイ

 →マーライオンパーク

 →チャイナタウン

 →マリーナベイサンズ インフィニティプール

 →ガーデンズバイザベイ ライトアップ鑑賞

 →マリーナベイサンズ ウィンドウショッピング

 →マリーナベイサンズ宿泊

7/15(日)

 →プチイスラム

 →リトルインディア

 →マリーナベイサンズ カジノ

7/15(日)17:55 シンガポール発(ジェットスター

7/15(日)19:05クアラルンプール着

 →KLCC ペトロナスツインタワー

 →Suria KLCC

 →アロフト宿泊

7/16(月)

 →ムルデカスクエア周辺

7/16(月)14:25 クアラルンプール発(エアアジア

7/16(月)22:30頃 羽田着

 

短い旅程の中にギュッと詰まった旅程になってます!

念願のマリーナベイサンズに泊まれて本当に嬉しかったです!クアラルンプールで宿泊したアロフトもとても便利で良いホテルでした!

個々の内容は別途紹介します〜

 

②旅行先での移動手段:タクシー

流しのタクシーはぼったくりにあったり、交渉が必要になる可能性があるため、今回の旅行では基本的にアプリを使ってタクシーを利用しました。

シンガポールもマレーシアも配車アプリ「Grab」を使うことができます。

(以前はUberも使えたそうですが、現在は撤退しています。)

マレーシアでは電車の中のTVCMでGrabが出てきたり、街中でもGrabアプリの広告を見かけたので結構普及しているんじゃないでしょうか。

f:id:Meishu0202:20180722222631j:image

<Grabの使い方>

1.インストールしてアカウント登録します。

アカウント登録はFacebookGoogleアカウントと紐付けることもできます。電話番号の登録が必要ですが、日本の電話番号で登録できますよ。登録時にSMSでの認証があるため、事前に日本で登録を済ませることをお勧めします。代金の支払いはクレジットカードか現金で選べますが、私は現金の予定だったので特にカード番号は登録しませんでした。

2.目的地と現在地を入力します。

自分が居る場所が表示されるので、間違えないか確認し、目的地を検索します。

この時点でいくらかかるか把握することができます。

f:id:Meishu0202:20180722222709p:image

Grabアプリ上で検索してももちろんOKですが、より使いやすい方法があります。Google Map上で検索してGrabアプリを開くことができます。普段使い慣れているアプリで検索し、Grabでタクシーを呼び出すことができます。

f:id:Meishu0202:20180722222950j:image

3.タクシーを呼び出します。

タクシーはいくつか種類があります。

f:id:Meishu0202:20180722223032p:image

下に書いたもの以外にバイクなどもあります。

Grab Share :乗合タクシーで比較的安いです。今回は使いませんでした。

Grab Car :個人ドライバー

Just Grab :とにかく自分の現在地から近いタクシーもしくは個人ドライバー

私はGrab CarとJust Grabを利用しましたが、値段の差はあったりなかったりでした。

タクシーのタイプを選んでBookを押します。

4.運転手を決めます。

これから行きますよ〜という運転手さんが表示されます。

f:id:Meishu0202:20180722223235j:image

運転手さんの評価(星五つ評価)が表示されるので、低いようであればキャンセルした方が良いのだと思います。私が利用した際には全ての運転手さんが星五つだったため特にキャンセルすることはありませんでした。

5.待ち合わせます。

運転手との連絡はGrabアプリのメッセージ機能を使いました。私は国際ローミングを使いたくないので電話が必須だったら困るなあと思っていましたが、メッセージのやり取りだけで全て完結しました!服装や人数など目印になりそうな情報を伝えます。メッセージ機能では画像を送ることもできるため、今自分が居る場所をより詳細に伝えたいけどすぐ言葉が出てこない!という場合も自分が居る場所の写真を送ることができます。

6.タクシーに乗ってからお会計まで。

アプリに表示される車のナンバーと同じ車が来たことを確認して乗ります。あらかじめ行き先は伝えてあるため、コミュニケーションはほぼ不要ですが、気さくに話しかけてくれる運転手さんもいるのでおしゃべりしていました。目的地に着いたらお会計です。私は現金払いにしていたので最後に支払いをしました。利用回数は4回程度とそこまで多くありませんが、毎回アプリで事前に検索した通りの金額を提示されたので安心して使えると思いました。

7.運転手さんのレビューをします。

今回の旅行では全くトラブルなく円滑に利用できたので全て星5つにしました。

 

<ブルータクシー(マレーシア)>

基本はGrabをつかったのですが、Wifiの不具合でGrabを使えないことがありました。その時に利用したのがブルータクシーです。一般的なタクシーより少し高級なタクシーで、メーターが付いているため交渉不要です。実績一回のみですが、こちらも安全に利用することができました。

一応だいたいの費用を確認してから乗ったところ、予定70リンギットのところ実際は74リンギット程度でした。すると運転手さんが70で約束したから70でいいよ!と言ってくれました(T_T)

f:id:Meishu0202:20180722224138j:image

後ろ姿で分かりづらいんですが、赤いタクシーの前に停車している青いタクシーです。

 

③旅行先での移動手段:電車

電車移動については友人がしっかりしてて自分がちゃんと調べてなかったので、以下ただの感想文です(笑)

<マレーシア>

クアラルンプールは鉄道の種類が沢山あって、正直よくわかりませんでした(笑)

友人について行っているからなんとかなったものの1人だったら大変だったかも。。

KLIA Ekspres:空港とKL Sentralを結ぶ電車で途中の駅では停車しません。

KLIA Transit:空港とKL Sentralを直通で結び、途中幾つかの駅で止まります。プトラジャヤへ行く際に利用しました。

KTMコミューター:クアラルンプール中心部と郊外を結ぶ電車でバトゥ洞窟へ行く時に利用しました。

KLモノレール:ブキッビンタンへ行く際に利用しました。

他にも色々あるんですが正直よくわからなかったうまくまとめきれまないので、こちらのサイトがわかりやすいと思います←

【超簡単・便利】マレーシアの電車の乗り方 | Endless Journey

 

切符の券売機はカード現金ともに使うことができるように作られていますが、販売機上部に「今コインしか使えないよ!」と表示されていることもあるので良く見てみてください。。

また、地下鉄やモノレールなどの切符の形が面白かったです!カード型ではなく、コインのような形をしています。

f:id:Meishu0202:20180722230217j:image

KLIAの電車は時間通りでした。たまたまかもしれないけど他は結構遅れることもありました。

 

シンガポール

シンガポールでは地下鉄を利用しました。

f:id:Meishu0202:20180722224910j:image

券売機はマレーシアと似ていましたが、切符はカード型でデポジット料金が含まれた交通費になります。同じカードにチャージして6回使うことでデポジットが返金されるという仕組みでした。

f:id:Meishu0202:20180722230703j:image

シンガポールの地下鉄駅は中国語・英語・タミル語が入り混じっていて面白かったです。

f:id:Meishu0202:20180722224824j:image

これから一つ一つの訪れた場所について紹介します。

ではでは再见〜!

【西川口】ザムザムの泉と街角小桟で中国気分【蘭州ラーメン】

こんにちは、みどりです。

新たなチャイナタウンとして最近注目されている西川口に行ってきました!

以前友人に2件連れて行ってもらって楽しかったので、今度は一人で行きました。

 

西川口駅

駅ビルには食料品店がいくつかありますが、なんと普通に油条売ってました!

エビチリとか麻婆豆腐とかなら日本で売ってても全然普通だけど、油条売ってるって中国みが俄然増してきます。油条にようてぃあおってルビが振ってあったんですが、そもそも油条買う人は読み方わかってるからwwと突っ込みたくなりました🤗

写真撮り忘れて残念。。

 

ザ・プライス 西川口

駅ビルを出て歩いていると鴨脖屋さんなどが目について、本当に中国なんじゃないか🤔と思うほどです。

少し歩くと、ザ・プライスというイトーヨーカドーが運営するスーパーがあります。

まだ目的のお店の開店時間まで時間あるしブラブラするか〜なんて思いながら入ってみると、なんと…

f:id:Meishu0202:20180709231119j:image

うわースーパーのフードコートも中国仕様!それだけのニーズがあるってことですね!
f:id:Meishu0202:20180709231125j:image

沙鍋食べてみたいなぁ。。
f:id:Meishu0202:20180709231129j:image

もちろんおなじみ鴨脖も売ってるよ!

このお店のなんとも言えない意識低い感じ(褒め言葉)がすごく良くて気になったのですが、今日はもう食べるものを決めているので泣く泣く断念。。

 

③ザムザムの泉で蘭州牛肉麺

これが食べたくて西川口再来しました🤗

f:id:Meishu0202:20180709231354j:image

このお店は回族のご夫婦が営むハラル料理のお店です。

※ハラル料理:イスラムの教えで食べてよいとされる食べ物

今回は気合満々で開店と同時に入ったのですが、大変人気のお店なので時間によっては結構並びます。

f:id:Meishu0202:20180709231410j:image

手作り感のある看板が素朴で良いです!

ご主人が粉と水をこねこねするところから麺を作るため、多少時間がかかるのですが、麺を捏ねたり打ったりしているところを見るのもとても楽しいのであっという間です。

f:id:Meishu0202:20180709231415j:image

麺の種類は9種類もあって、まだ全然制覇できてないので今後も何回も通うことになりそう😙

だから一向に西川口の他のお店を開拓できない…笑

今回は割とベーシックな二細という種類にしました。

f:id:Meishu0202:20180709231405j:image

この爪楊枝入れめちゃめちゃ可愛いです。卵のような形ですが、上の部分を押すと写真のように開きます。
f:id:Meishu0202:20180709231400j:image

やった〜来ました!

スープはしっかり味があるんですが、日本のラーメンと比べると優しい味で毎回全部飲んじゃいます。

また、ほくほくの大根が優しい気分にしてくれます…

この大根だけでも何個も食べたい…
f:id:Meishu0202:20180709231421j:image

麺はとても噛みごたえがあります。

手打ちなだけありますね!

あと、私はザムザムセットというものを頼みました。ラーメンに卵が入っているのと、醤牛肉というお肉が付いてきます。このお肉が柔らかすぎず硬すぎずちょうどいい厚みで病みつきです。

 

私はパクチー好きなので入れてもらいましたが、入れるかどうかは先に聞いてくれるので、パクチー苦手な人でも大丈夫です🙆‍♀️

 

途中からラー油や黒酢で味変しながら食べるのもいいですね。

私はなんやかんやで元の味が一番好きなのであまり足さないですが、そこはお好みで。

夏は限定メニューがあり、もう始まっているのでまた行かなきゃ!(使命感)

 

④街角小桟でホッと一息

美味しい蘭州牛肉麺の後は、美味しい珍珠奶茶(タピオカミルクティー)で糖分補給です。

西川口駅すぐそばにあるミルクティーやお惣菜のお店街角小桟へ行きました。

f:id:Meishu0202:20180709232428j:image

出前OK、休憩OK、Wi-Fiあり、撮影OK、充電OKって最強ですね。
f:id:Meishu0202:20180709232420j:image

今回は珍珠奶茶が売り切れていたため、红豆奶茶(あずきミルクティー)にしました。
f:id:Meishu0202:20180709232442j:image
f:id:Meishu0202:20180709232433j:image

店内は可愛らしい雰囲気で中国の歌が流れています。あ〜良き。

充電しながらホッと一息ついて今回の西川口探訪はおしまいです。

 

⑤最後に町の風景

思わずここ本当に日本かな?!となりそうな写真をいくつか。

f:id:Meishu0202:20180709232637j:image

このビルは丸ごと中国ですね🇨🇳
f:id:Meishu0202:20180709232632j:image

バンコクストアという名前でありながら中国食材が多いお店。
f:id:Meishu0202:20180709232644j:image

ちらほら韓国料理・食材のお店も見かけました。

 

まだまだ開拓できてないので、また再訪したいです。

 

ではでは再见~!

【ロシア旅行】ウラジオストク弾丸ツアー⑥ロシアの水餃子ペリメニ&帰国

こんにちは、みどりです。

今回でロシア旅行編最終回です、って遅すぎる。。

 

ロシアの水餃子ペリメニ

無事ウスリースクから帰還し、夜ご飯にペリメニを食べに行きました。

f:id:Meishu0202:20180610230836j:image

ペリメニはロシアの水餃子です。私は粉で肉を包んだものが大好きなのでこれは外せないと思い、最後のディナーにしました。

ペリメニは韓国のマンドゥやポーランドのピエロギに似ているなあと思いました。

接する国と料理や言葉が似ていると世界って繋がっているなぁって思いますよね(安易)

他にも中国の餃子や小籠包、インドのモモ、トルコのマントゥ、イタリアのラビオリなどなど…起源は異なるかもしれませんが、粉で肉を包むのは万国共通なんですかね。

 

今回訪れたのはペリメニ専門店ローシキプローシキ(Ложки пложки)です。

f:id:Meishu0202:20180610231047j:image

可愛らしい店内で、観光客と現地のお客で賑わっていました。

私は多分一番ベーシックなものとアップルパイとクランベリードリンクを頼みました。

f:id:Meishu0202:20180610231112j:image
f:id:Meishu0202:20180610231138j:image

ペリメニは皮がもちもち厚めでとても美味しいです。肉の脂とスメタナサワークリーム)の酸味がちょうどよく合います。

ペリメニや他の料理のメニューが豊富なので、複数人たくさん食べられたらいいなあなんて思いながらひとりで食べ続けましたww

ペリメニも結構な量だったしアップルパイも結構重めだったのでお腹パンパンになりました。

 

ホステルで小休憩

コンビニに立ち寄り、ホステルに到着。ロシアはアイスが美味しいよ!と聞いていたのにアイス屋さんに行けなかったのでコンビニで買いました(あんまり意味ないかもw)

f:id:Meishu0202:20180610231509j:image

どちらもバニラアイスです。旅行補正がかかってると思いますが結構美味しかったです!

翌朝は現地時間7:55発の飛行機に乗る予定で、ホステルを4時過ぎに出ることになるため、ホステルのフロントで4時にタクシーを呼んでいただくよう頼みました。

(2000ルーブルかかる予定でしたが、同じタクシーに同乗する人がいて1500ルーブルで済みました)

4時に出発ということもあり3時間ほど睡眠をとり、3時半には朝ごはん!

前日に買ったピロシキを食べました。ホステルに冷蔵庫と電子レンジあって最高です!

f:id:Meishu0202:20180610231829j:image

このお店のピロシキは思わずリピするほど美味しかったです!

お店のリンク:揚げピロシキに出会えるお店! | ウラジオストク

あとヨーグルトと勘違いしてサワークリームを買ってしまったのですがちゃんと食べましたww

f:id:Meishu0202:20180610232145j:image

 

寂しいけど帰国

4時に予定通りホステルを離れ空港へ向かいます。

空港に着いてもまだチェックインを開始していなかったため、海鮮おみやげ屋さんを見たのですが、キャビアは空港価格ということを加味しても高かったです!

f:id:Meishu0202:20180610233015j:image

友達がウラジオストクに行くとき「おみやげキャビアがいいなあ」なんて軽く言ってはいけないなと思いましたw

とりあえずマトリョーシカ

f:id:Meishu0202:20180610233121j:image

チェックインも出国もスムーズに進みました。出国時には入国審査で渡された白い紙を渡す必要があるので、忘れないでくださいね!

エッグ型のウォッカ達。某コナンの映画を思い出します。。そして高い。。

f:id:Meishu0202:20180610233115j:image

だんだん外が明るくなってきたところで出発!
f:id:Meishu0202:20180610233108j:image

いろいろあったけど本当にいい思い出になりました。こんなに近いのに、行ったことがなかったなんて盲点だったなと思います。

夏は航空券高いけど、また行きたいです!

 

ではでは再见俄国〜!🇷🇺